EMSスーツActiveとWISENFIT徹底比較。どっちを購入?

EMSスーツ価格比較

EMSスーツActiveとWISENFIT徹底比較。どっちを購入?

日本国内で購入できる家庭用EMSスーツとしては、2017年から販売している株式会社Dream box社の『Alpha Active』と、2021年6月より本格的に国内販売開始をしたKokopelli合同会社の『WISENFIT』ではどちらを購入すべきなのか、あらゆる視点から比較考察してみました。

なお、結論から先に言うと筋トレマニアの筆者としては『Alpha Active』をおすすめします。

ただ、『WISENFIT』も価格が安いので悩むところです。

 

EMSスーツ購入に迷っているようならこのランキングはかなり参考になるはずです。

EMSスーツ購入おススメランキング

EMSスーツActiveとWISENFITの比較 一覧

EMSスーツActiveとWISENFITはどう違うのか、まずは一覧表で比較。

EMSスーツActiveとWISENFITの比較一覧
画像EMSスーツwisenfit
製品名Alpha  ActiveWISENFIT
スーツ形状シャツ・パンツ一体ワンピース型
シャツの背中にファスナーあり
シャツ・パンツセパレート型
シャツの前にファスナーあり
レディースはレギンスパンツ別売りあり
EMS電極数18か所メンズ14か所、レディース12か所
素材ナイロン(ポリアミド) 63%
エラスタン 15%
ポリエステル 13%
ポリウレタン 7%
純銀 2%
ナイロン:75.8%
スパンデックス:24.2%
サイズ3XS・2XS・XS・S・M・L・XL・2XL
男女共通8種類
メンズ S~XXLの5種類
レディース XS~XXLの6種類
レギンスのみ S~XXLの5種類
モードウォームアップモード5分間
トレーニングモード30分間
筋トレ
身体活性
ボディケア
リラックス
強度変更0~100%50段階
使用時間最大3時間
30分のオフタイマーあり
1回のトレーニング時間は20分
電源内蔵バッテリー
USBタイプCケーブルで充電
内蔵バッテリー
マイクロUSBタイプBケーブルで充電
その他特徴コントローラーの部位別ボタンで
胸・腕・お腹・背中・ヒップ・太腿の
6つの筋肉を個別にコントロール
専用スマホアプリで強度や使用時間、
モードの変更ができる。
部位ごとに異なる強度・時間設定も可能。
通常価格217,800円(税込)85,400円(税込)
公式HPでは最大66,000円引き
キャンペーンをしている時がある
公式HPでは2着以上購入で15%オフになる時がある
保証期間スーツ:半年
コントロールBOX:1年
スーツ本体:2カ月
コントローラー:3カ月
販売HP家庭用EMSスーツ『Active』公式EMSスーツWISENFIT公式 

Acriveの方が倍以上高いけど、おすすめというのはなぜ?

この一覧の上から順にEMSスーツActiveとWISENFITの比較説明をします。

 

EMSスーツActiveとWISENFITの比較 【外装】

EMSスーツActiveとWISENFITの比較としてまずは外装を見てみましょう。

EMSスーツActiveとWISENFITの比較 【外装】

Activeは上下一体のワンピースでWISENFITはメンズ、レディースとも上下セパレート型です。

WISENFITはメンズ用とレディース用がわかれていますが、Activeは男女兼用になっています。

Activeの場合、奥さんがいやがらなければ、体格が一緒の夫婦ならそれぞれが使うということもできますね。

一着を夫婦で使いまわせるのは経済的ですね。

Activeは背中のファスナーを閉めて着るのと比べ、WISENFITはパンツ(レディースはレギンス)を履き、上着は前方のファスナーを閉めて着ます。

Activeは背中のファスナーを閉めて着る

Activeは背中のファスナーを閉める際にはひもが付いているので閉めにくさはない

 

WISENFITは前方のファスナーを閉めて着る

WISENFITは前方のファスナーを閉じて着るので着やすい

 

脱ぎ着のし易さではWISENFITの方に軍配が挙がりますが、EMS電極パッドの密着性を考えるとActiveの方がより密着するという利点があります。(密着性の大切さに関しては後ほどサイズのところで説明)

ただ、Activeは胸部のActiveロゴの主張が強いのに比べ、WISENFITのロゴは控えめなので、ジョギングなどのタウンユースを考えた場合はWISENFITの方が恥ずかしくないかもしれません。

ActiveとWISENFITのロゴの違い

 

着たままジョギングをしても恥ずかしくないWISENFITの動画

脱ぎ着のし易さや、タウンユースを考えるとWISENFITを選びたいところですが、ワンピース型のEMS電極パッドの密着性を考えるとActiveの方がよりちゃんとEMSの電気刺激を感じられますね。一着を夫婦で使いまわせるのは大きな利点。

次の項目ではEMS電極パッドの説明をしますが、EMSトレーニングをするにあたってかなり大事な話をします。

ちなみにどちらの製品も洗濯機で丸洗いできるということと、ジェルパッド(ジェルシート不要)なので、その比較はしていません。

Activeは素材に純銀 2%を含むので、抗菌効果が見込めますね。

EMSスーツActiveとWISENFITの比較 【EMS電極パッド】

ActiveとWISENFITのEMS電極パッドの数や配置は以下の通り。

EMSスーツActiveとWISENFITのEMS電極の配置と数

Activeは18か所のEMS電極パッドがあるのに比べ、WISENFITは男性(メンズ)14個、女性(レディース)12個しかありません。

冒頭でActiveの方がおススメと説明しましたが、このEMS電極パッドの数と配置が決定打になったと言っても過言ではないでしょう。

2つをよ~~~く見比べるとわかりますが、まず腕の部分を見てください。

ActiveとWISENFITの腕のEMS電極パッドの配置

WISENFITはEMS電極パッドが前方にひとつだけ。つまり上腕二頭筋しか電気刺激を受けることができませんが、Activeは前方と後方にEMS電極パッドがあり、上腕二頭筋と上腕三頭筋それぞれに電気刺激を送ることができます。

 

次に見てもらいたいのが背中。

EMSスーツActiveとWISENFITの背中のEMS電極パッド比較

Activeは背中に合計4枚のEMS電極パッドが配置されていますが、WISENFITは2枚しかありません。

Activeは広背筋、脊柱起立筋への電気刺激がありますが、WISENFITはその部分を鍛えることができません。

もう一か所気になる部位として胸部のEMS電極パッドがあります。

ActiveとWISENFITの胸部EMSパッド比較

Activeは男女兼用のため胸部のEMS電極パッドがありますが、WISENFITはなぜかレディースの方には胸部のEMS電極パッドがありません。

これではバストアップをしたい女性でも大胸筋を鍛えることができないので、ちょっと物足りなさを感じてしまいます。

 

Activeの18か所のEMS電極パッドとWISENFITは男性(メンズ)14個、女性(レディース)12個の違いは以上のことから、

Activeと比べてWISENFITに足りないEMS電極パッド

  • メンズ 14個・・・上腕三頭筋2個と広背筋、脊柱起立筋部分の2個が足りない
  • レディース12個・・・上腕三頭筋2個と広背筋、脊柱起立筋部分の2個と大胸筋2個が足りない

ま、EMS電極パッドの数の違いは価格差を考えたら仕方ないかもしれませんね。

EMSスーツActiveとWISENFITの比較 【サイズ展開】

WISENFITはメンズ S~XXLの5種類、レディース XS~XXLの6種類、レギンスのみ S~XXLの5種類と一見多く見えますが、Activeの方が男女共通で8種類なのでActiveの方が幅広い体格に対応しています。

 

Activeの対応サイズ一覧表EMSスーツActiveの対応サイズ一覧

身長145cm~200cm、体重40kg~135kgまでの幅広い体格に対応するため合計8種類のサイズラインナップがある。

 

WISENFITのサイズ一覧表

WISENFITのサイズラインナップ一覧

WISENFITのサイズ一覧は各部位ごとのサイズに対してでしかないので、自分に合ったサイズが分かりづらいかもしれない。しかもS、M表記はアメリカ用の表記とのことなので、普段の自分のサイズで考えるとちょっとズレがあるかもしれないです。

WISENFIT公式HPでのサイズ説明

※サイズ表は実寸(平置きの寸法)で表示。全方向に5cm以上伸縮する素材を使用しています。
アメリカサイズのS,M表記になっている為、普段Mをご着用の方はワンサイズダウンのS、
普段Lをご着用の方はMをお勧め致します。

 

Activeのサイズに関しては以前問い合わせをしたことがありますが、伸縮する素材なのでサイズ表のサイズよりワンサイズ小さいくらいがちょうどいいかもしれないとのことでした。

 

公式の動画でもサイズ表に関する説明をされています。

この動画の中で聞き逃さないでほしいところがあり、ちょうど3分あたりからの説明で、

「Activeはピッチリ着ることが大事。電極パッドが皮膚にぴちっと着いていないと電気刺激が分散される

とやはり言われていました。

それならやっぱりワンサイズ小さめの方が、EMS電極パッドの密着性が高まるかもしれませんね。

 

このサイズに関してはActiveの販売元へもたびたび質問、相談があるとのことで、ちゃんとActiveに詳しいコンシェルジュがフリーダイヤル(0120-39-2577)で対応してくれます。

さすが、値段が高いだけあってサポートはしっかりしていますね。

 

EMSスーツActiveとWISENFITの比較 【コントローラー】

コントローラーの大きさ、重量や機能では圧倒的にWISENFITの方に軍配が挙がります。

それぞれのコントローラーの違いを見てみましょう。

EMSスーツActiveのコントロールBOX

まずActiveですが、このコントロールBOXに充電(USB-Cコネクタで3時間)して、EMSスーツ本体に取り付けて使います。

電源スイッチを押しっぱなしにすることでウォームアップモードが5分間あり、全身にうっすら汗をかかせてEMS電極の電流の通りを良くしたのちに、トレーニングモードが30分間あります。

コントロールBOXには部位ごとのボタンがあり、胸、腕、お腹、背中、ヒップ、太ももそれぞれに1~100%の強度調整ができます。

EMSスーツActiveのコントロールBOX説明

かなり使い込んだ人でも強度20%で充分な電気刺激があるので、100%となると未知の領域ですね。

ただ難点があり、大きくて重い(350g)です。スマホで考えたら350gがいかに重いのかがわかりますね?

 

大きさに関しては動画を観れば大体の大きさがつかめるでしょう。


一方WISENFITのコントローラーはかなり小さいです。

WISENFITのコントローラー

メンズは上下で2個。レディースのレギンスパンツだけなら1個しか使いません。(レディースも上下使うなら2個必要)

こんな小さなコントローラーでどうやってEMSスーツをコントロールするかというと、スマホの専用アプリでBluetooth接続して指令を出します。(アプリ動作環境:Android4.3以上:iOS8.0以上)

WISENFITの専用アプリの説明

50段階の強弱変更、部位ごとの強弱変更×4つのモード(筋トレ、身体活性、ボディケア、リラックス)でなんと35,000通りのトレーニングができます。

Activeの販売開始が2017年で、WISENFITは2020年6月にクラウドファンディングで販売開始しているので、その4年の間にテクノロジーが進歩したと言えますね。

 

EMSスーツActiveとWISENFITの比較 【購入条件】

購入条件のうち、製品保証に関してはActiveに軍配が挙がります。

  • Active保証期間:スーツ:半年、コントロールBOX:1年
  • WISENFIT保証期間:スーツ本体:2カ月、コントローラー:3カ月

壊れなきゃいいって話だけど、WISENFITはスーツ本体がわずか2か月しか保証が無いってのはちょっと短すぎないか?

EMSスーツActiveとWISENFITの比較 【販売企業やその他情報】

Activeを販売しているのは福岡県にある株式会社Dream boxという生粋の日本企業です。

WISENFITを販売している企業はKokopelli合同会社という兵庫県にある会社ですが、香港を拠点とするWisenFit社の日本総代理店です。

香港がどうとか言うつもりはありませんが、販売ページを見ると随所が日本向けに作られていないことが伺えます(例えばアメリカのS,Mサイズ表記だったり、税込表記になっていなかったり)

製品保証の短さに加えてこうした日本向けではない販売ページを見てしまうと、ちょっと不安になってしまう部分もあります。

Activeは日本人向けに販売しているので、ちゃんとコンシェルジュのサポートダイヤルを設けるなどの安心感があります。

EMSスーツActiveとWISENFITの比較 【価格】

通常価格に関してはWISENFITの方が圧倒的に安価です。

  • Active通常価格:217,800円(税込)
  • WISENFIT通常価格:85,400円(税込)、レギンスパンツのみ 48,300円(税込)

それぞれキャンペーン価格になっている時があり、例えばActiveの場合66,000円も値引き販売している時があります。

EMSスーツActive公式価格

税込価格なら151,800円なので、それでもWISENFITよりは高いですが、もしActiveの購入を迷っているならキャンぺーン価格の時に購入するのが順当でしょう。

ちなみにわたしは2017年の販売開始当初からずっとActiveの価格をみていますが、年に何度かキャンペーン価格になり、いきなり通常価格に戻るということを繰り返しています。

今回の66,000円値引きはこれまで最大ですが、いつ通常価格に戻るかわかりません(通常価格に戻ると半年くらいはキャンペーン価格にならないので注意)

 

WISENFITも2着以上購入すれば15%オフというキャンペーンをやられていますが、これもいつまで続くかは不明。

EMSスーツWISENFITのキャンペーン

2着同時かあ。主人が乗り気なら夫婦で2着買ってもいいかも。

EMSスーツActiveとWISENFIT徹底比較。どっちを購入?【まとめ】

冒頭で説明したように筋トレマニアのわたしのおすすめはActiveです。

EMS電極の数や密着性から考えると、筋トレやダイエット効果が高いのはいわずもがな。

ただし、値段の安さ、スマホアプリからのコントロールなどの利便性を考えるとWISENFITもかなり迷うところです。タウンユースもしやすく、女性の場合レギンスパンツだけ選ぶという選択肢が多いのも魅力。

Activeは1着購入してしまえば男女共用で使えるという利点もあり迷うところ。

  • Active1着⇒151,800円(税込キャンペーン価格)・・・18か所のEMS電極
  • WISENFIT2着145,800円(税込キャンペーン価格)・・・メンズ14か所、レディース12か所のEMS電極

僕ならEMS電極が18か所もあるActiveを選んで、夫婦で使うかな。製品保証期間も長いし。

筋トレ効果やダイエット効果をより一層高めるならActiveになりますね。

最初の比較一覧表をもう一度掲載しますので、検討してみてください。

EMSスーツActiveとWISENFITの比較一覧
画像EMSスーツwisenfit
製品名Alpha  ActiveWISENFIT
スーツ形状シャツ・パンツ一体ワンピース型
シャツの背中にファスナーあり
シャツ・パンツセパレート型
シャツの前にファスナーあり
レディースはレギンスパンツ別売りあり
EMS電極数18か所メンズ14か所、レディース12か所
素材ナイロン(ポリアミド) 63%
エラスタン 15%
ポリエステル 13%
ポリウレタン 7%
純銀 2%
ナイロン:75.8%
スパンデックス:24.2%
サイズ3XS・2XS・XS・S・M・L・XL・2XL
男女共通8種類
メンズ S~XXLの5種類
レディース XS~XXLの6種類
レギンスのみ S~XXLの5種類
モードウォームアップモード5分間
トレーニングモード30分間
筋トレ
身体活性
ボディケア
リラックス
強度変更0~100%50段階
使用時間最大3時間
30分のオフタイマーあり
1回のトレーニング時間は20分
電源内蔵バッテリー
USBタイプCケーブルで充電
内蔵バッテリー
マイクロUSBタイプBケーブルで充電
その他特徴コントローラーの部位別ボタンで
胸・腕・お腹・背中・ヒップ・太腿の
6つの筋肉を個別にコントロール
専用スマホアプリで強度や使用時間、
モードの変更ができる。
部位ごとに異なる強度・時間設定も可能。
通常価格217,800円(税込)85,400円(税込)
公式HPでは最大66,000円引き
キャンペーンをしている時がある
公式HPでは2着以上購入で15%オフになる時がある
保証期間スーツ:半年
コントロールBOX:1年
スーツ本体:2カ月
コントローラー:3カ月
販売HP家庭用EMSスーツ『Active』公式EMSスーツWISENFIT公式 
タイトルとURLをコピーしました